私にとっての訓練は、犬とのコミュニケーション、遊びです。訓練試験・訓練競技会を目指さなくても犬との訓練を楽しんでみてはどうでしょうか?ここではトレーニングの方法や、ハンドラーとしてのテクニックについて紹介させて頂きます。

トレーニング内容

ジャンプ

パピヨンのジャンプ

よく「しつけ」の本には人に飛び掛ってくることをさせないようにと書いてありますが、もし愛犬に障害飛び越えやフリスビーでジャンプしてキャッチをさせたいなら、その躾はしない方がいいかもしれません。ジャンプをする欲求を抑えないためにも、そんな時には「跳べ!」「ジャンプ!」と声をかけてあげましょう。個人的には人に飛び掛ることが悪いことではなくて、飛び掛って欲しくない時に「マテ」などでしっかりと抑制できるように躾けることが重要だと思います。
次にジャンプのトレーニングですが、生後8ヶ月前の子犬はまだ筋肉や骨がしっかりしていないので、部屋で簡単な障害飛び越えの練習をします。人が座った状態で片足を前に伸ばして出します。ボールなど愛犬が大好きなものを使って手で誘導しながら、足の上を超えさせるようにします。ポイントは「ヨーシ、ヨーシ!」とおもいっきり褒めながら遊んであげ、たまにボールを手で放さずに犬に噛ませてあげます。最初はジャンプしないかもしれませんが、そのうちジャンプをするようになります。その時は「跳べ!」「ジャンプ」と声をかけるようにします。
生後8ヶ月〜1年を過ぎて体もしっかりしてきたら、本格的な障害飛び越えを教えます。最初はジャンプに慣らさせるためにも10センチ程度の低いところから始めます。躊躇したり、怖がって潜ったりするかもしれないので、リードを付けて一緒に跳んであげます。跳べたらおもいっきり褒めてあげましょう。跳ぶ前にも「ヨーシ、オイデ!」の声をかけたりして犬のテンションを上げたりの工夫をすると犬もノッてきます。
ちなみに訓練競技会での障害飛び越えは、障害物を間にして犬と対面で「スワレ」をさせた状態から飛び越えさせます。小型犬のパピヨンはだいたい体高ほどの障害を飛び越えさせますが、ランは遊びで調子がいいと腰くらいの高さまでジャンプします。骨の細い子などは骨折などの危険があるので、あまり高い障害を飛び越えさせないようにしたほうがいいでしょう。

動画 ( マウスを乗せると再生します ) 約3秒