ここでは愛犬を迎える時、迎えてから、それぞれやるべきこと、知っておくべきことなどを紹介していきます。

迎える時の準備

バリケンネル ハウス

ハウスやゲージ、サークルを準備します。ハウスは基本的に犬が休息でき落ち着ける場所です。スペースは犬がいろいろな体勢で休息できる広さであれば十分で、広すぎるのはよくありません。
サークル、ゲージ、ハウスとすべて試してきましたが、バリケンネルのようなハウスがお勧めです。非常に軽量で丈夫です。犬が誰からも進入されないような安心感が得られます。パピヨンであればバリケンネル400 (D 91cm / W 61 cm / H 66 cm ) かバリケンネル500 (D 101cm / W 68.5 cm / H 76 cm ) で十分でしょう。どちらのサイズも奥にトイレトレーの小さいものを横にして置く事が出来ます。トイレトレーを置かない場合は、更に小さいサイズのものがいいでしょう。私はバリケンネル400を使用しています。インターネットで探すと非常に安く売っているところが見つかります。

犬用品 トイレ

トイレトレーはなるべく大きいものにします。最初小さいものを使用していて、私もこれで苦労しましたが、子犬のうちは大きいものでないとなかなかトイレを認識できません。シートを何枚もつなぎ合わせてトイレスペースを確保してもいいですが、ほとんどの子犬はシートを噛みちぎって遊んでしまうようです。網のついたものがお勧めです。また犬は自分の寝床 ( ハウス ) で排泄をしたがらないので、部屋の見つけやすいスペースに置きます。
私の場合は日中、仕事でお留守番をさせているので、ハウスにも小さいものを置いています。
トイレのしつけの方法、コツ等に関しては「しつけ ( 大切なこと、方法等 ) 」のページ を参照してください。

犬用品

トイレシートドッグフード給水器食事用の容器ボールなどのおもちゃ、そしてこの時期はいろいろな物を噛みたがるので噛む木の棒等を用意します。

その他、ブラッシングコームつめ切り ( と止血剤 ) 、犬用シャンプーとリンス犬用歯ブラシ等がすぐに必要になります。 犬用のシャンプーは人と成分が異なります。犬にはきちんと犬用のシャンプーとリンスを使ってください。止血剤はつめ切りの際、誤って切りすぎて血が出た場合、なかなか止まらないので必要です。

犬用品 かばん

バッグも必要です。病院などに行ったりする時など必要ですので、準備してください。ハードタイプとソフトタイプのバッグが両方あるといいです。車等の移動のときはハードタイプ、ショッピングなどの時はオシャレで持ちやすいソフトタイプといった感じで使い分けられます。

犬用品 体重計

赤ちゃん用の体重計はあると、20g単位とかで計れるので、子犬の成長がわかりお勧めです。これもインターネットで安く売っているところがあります。

迎えてから

最初の1週間

子犬は今まで生活していた場所からの移動と、母犬と兄弟との別れ ( ブリーダーからの場合 ) 、新しい環境で、不安や戸惑いでいっぱいです。子犬の疲労とストレスには気をつけてあげてください。
最初の2日〜1週間 ( 子犬によって異なります ) は、かまい過ぎずにゆっくり休ませてあげながら、新しい環境に慣らしてあげます。またこの時期は何に対しても大目に見てやさしく接してあげてください。

生後2ヶ月目〜

子犬が生後2ヶ月目〜4ヶ月目の場合、3回の伝染病のワクチン接種を受けます。詳細はパピヨンの気をつけたい病気のページを見てください。
ちなみによく3回のワクチン接種を終わってからでないと、お散歩や他の犬と遊んでは行けないと言われますが、ワクチンの摂取時期や健康な子の場合にはキレイに管理された場所であれば、2回目のワクチン接種の1週間後ほどで他の犬と交流を持っても大丈夫だと思います。この時期の子犬は社会化の大切な時期で、より多くの犬や人と振れあったり、いろいろな環境に慣れる必要があります。獣医さん等に相談してみてください。
ランは2回目のワクチン接種前から、抱っこの散歩を毎日していました。そして訓練士さんの指導のもと、ホームステイ先の清潔に管理された場所で散歩したり、他の犬と遊んだりといろいろな経験をしています。そのためすごく社交的で上手に生活していくための基礎ができています。

子犬も生活に慣れてきたら、トイレや歯磨き、ボディータッチのしつけを行っていきましょう。しつけについてはパピヨンのしつけ ( 大切なこと、方法等 ) のページを参考にしてください。

そして生後3ヶ月〜5ヶ月の間にはブリーダーさんのもとから血統書も届きます。名義変更をする場合は、早めに手続きを行います。手続き方法については血統書の見方と名義変更のページを参考にしてください。